知っていれば、男性にモテるのは超簡単

2014年05月02日

article005

男性にモテること、これはすごくたやすい話です。
男性が女性にモテることよりも100倍簡単です。

なぜなら、男性は簡単、女性は複雑という構造だからです。

単純な男性は、単純が故に、複雑な女性に合わせることがなかなかできません。

一方、女性の複雑さは、男性にフィットして単純にすることができます。

ここで、警告です。

女性には、男性にフィットして単純化しない方々がいます。

頑固に自分の土俵で勝負すると、非モテになります。

もし、自分の土俵で勝負するなら、それでも「あなたが欲しい!」と思わせるだけの特別な魅力を築き上げる必要があります。

女として魅力を築き上げていけば、誰もが認める「いい女」になりますから、あなたがわがままでも通用します。

私が女性にオススメするのは
・女性として男性側にフィットしてモテる
・女性として特別な存在としてモテる
の二つを並行して突き詰めることです。

男性側にフィットさせるときの大切なポイントは、未来の動きを予測することです。

簡単に言えば「それをやって著しく調子に乗るかどうか」を判断することです。

たとえば、男性に求められて、その夜エッチをしたとしましょう。

エッチをしても良いケースは、エッチをしたことによって、あなたへのアプローチがより増え、大切に扱おうとする男性のみです。

エッチをしても悪いケースは、エッチをしたことを終着点としており、その先を考えていない男性です。

しかしながら、私の場合は、後者のバッドケースもチャレンジして良いとアドバイスしています。

その夜の相性が良ければ、男性から呼ばれるからです。
あなたにテクニックがあれば、なおさらです。
セフレを楽しむことができますし、セフレから切り込んで、彼氏になることもできます。

本当にモテ術が身に付けば、どのような関係性からも恋人になり、彼氏をゲットすることができます。

さて、今日は、男性=単純、女性=複雑というお話でした。
男性にフィットして単純化するかどうかが、モテ・非モテの分かれ目。

男性の「して欲しい」を単純にしてみましょう。
分からない場合は、その男性に直接聞きましょう。
簡単に教えてくれますから。
そして、すぐさまに、それをしても喜びます。
本当に単純なんです。

その単純さを割り切られるかどうかですね。